自分の中の「A(高)」を探がそう!!

Aを探そう

Aって何?

自分が考える「効率」的な手法が使えなかったり、「意味」が理解できない作業をしなければならないとき、つい「非効率」「無意味」と(心の中であっても)相手を罵ったことはありませんか?
自分の「予定」が少しでも狂うと苛立ったり、以降の予定がどうでもよくなったりしたことはありませんか?

こんにちは、「コミュニケーション学」講師の佐藤です。

アイキャッチ画像には天秤とその天秤にお金を乗せようとしている男性の画像を選びました。
Aと言うと「計画性」「冷静」「合理的」などが一般的なイメージでしょうか?
モチーフにするなら「歯車」や「時計」などが当てはまるような気がします。

私は、Aの最も中心となる特徴を表すならば、自分自身を中心とした「メリット」への意識の強さだと感じています。
だからこそ、「このやり方が【効率的】かどうか」「買う【意味がある】のかどうか」など、投資する時間やお金に対してどれくらいの効果や結果が得られるかの思考が強くなります。

ちなみに、「天秤」で、弁護士バッジ(弁護士バッジの真ん中には「天秤」が描かれている)を思い浮かべる方もいると思います。 弁護士バッジの「天秤」は、重さが同じであることを測る道具であることから『公正と平等』を表しており、エネルギーで言うならCPに該当し、人種や性別、年齢や信条によって罪や罰、扱いに差が生じてはならないことへの意匠化です。

つまり、左右を同じ重さにするために使用することが意図されています。

では、Aでの「天秤」とはどういった意味合いでしょうか?
アイキャッの「天秤」は大きく傾いており価値を計っています。

つまり、『得と損』『メリットとデメリット』を比較するために使います。

時間と費用を比較して「幹線」で移動するのか「新幹線」で移動するのか(←移動時間と費用)
体調を崩しているけど「出勤」するか「休む」のか(←(CPの責任感とは別基準として)顧客への影響度や社内での評価)

集団で生活するうえでは、こういった判断は常に付きまとい、選択を迫られます。

今回は、自分の中の「天秤」の傾きについて重点的にワークしたいと思います。

3回目はA(高)のエネルギー探しです。

この「自分の中の○○を探そう!!」はワークショップであるため4名様限定での募集となります。
束の間、自分自身の人生の中からA(高)を探す探索者になりませんか?

ワークショップ情報

予約開始:2022年9月21日 0時より(2022年9月24日 10時まで)
開催日:2022年9月25日(日曜日)
時間:10:00~11:00 60分(3名以下参加時) 10:00~11:30 90分(4名参加時)
参加資格:『コミュニケーション学』基礎コースを受講修了した方
募集人数:4名
形式:オンライン(Zoom)
受講料:3,300
場所:申し込み後にZoom URL共有
講師:佐藤 涼祐

予約

現在、予約受付期間ではありません。

その他のセミナー・講座を探す

セミナー・講座一覧

    お問い合わせ内容(必須)

    姓(必須)

    名(必須)

    電話番号(必須)

    メールアドレス(必須)

    お問い合わせ詳細(必須)

    ※下記ドメインの受信設定をお願いいたします。
    @otonaegogram.com